最新登録店舗

カテゴリ:


睡眠障害のひとつとして、ナルコレプシーという病気があります。ナルコレプシーの原因ははっきりとはわかっていません。

ナルコレプシーの症状に「過剰な眠気」があります。その眠気は「健常者が丸3日間睡眠をとらずに過ごした後に難しい数学の問題に取り組んでいる状態に相当する」ともいわれています。

歩いている時や食事中、上司と面談中や電話の最中など、まさかと思うような状況で、発作的に数分~20分の居眠りを、一日に何回も繰り返します。いったん眠ればすっきりしますが、2、3時間たつとまた極度の眠気に襲われてしまいます。

ナルコレプシーの症状に「情動脱力発作」があります。うれしい時や感激した時など喜怒哀楽の感情が強く動いたときに、首、全身、ひざ、腰、ほほ、あご、まぶたなどの姿勢筋の力が急に抜ける症状です。

重症になると身体が崩れるように地面に倒れたりすることもあります。この睡眠障害は、てんかん発作と異なって、この脱力発作の時も本人の意識は途切れないでいます。

ナルコレプシーの症状には、その他に入眠時幻覚・睡眠麻痺などもあります。

ナルコレプシーは睡眠障害のひとつですが、周りの理解が得られないことも少なくありません。もちろん本人がつらいのは言うまでもありません。睡眠障害は、学校・会社など社会生活を営んでいく上で深刻な病気といえます。
睡眠障害という病気は、睡眠において何らかの異常がある病気のことです。

睡眠は「複雑な脳を有する高等動物に見られる進化した休息機能」と定義されています。睡眠をとることによって大脳は疲れを回復し、日々の複雑な活動に耐えうる状態を取り戻しているわけですね。

睡眠障害にはいくつかの分類があります。

睡眠自体に疾患のある「睡眠異常」として、ナルコレプシー、睡眠時無呼吸症候群、睡眠相後退症候群などがあります。

睡眠中に異常な行動をとる「睡眠時随伴症」としては、夜尿症、金縛りなどがあります。

「内科・精神科的睡眠障害」として、精神病やうつ病などに見られることがある不眠や過眠があります。

5人に1人は睡眠障害をかかえているともいわれています。ただでさえストレスが多いといわれる現代で、さらに睡眠障害で大脳が疲れを回復できないとなると、その悩みは切実です。
アスペルガー症候群は、一般に発育と同時に病状が目立たなくなる、と言われています。 人によって障害の度合いは千差万別であり、また大人になってからも、その人にあった分野で仕事をしている人もいます。

 アスペルガー症候群の子供は、自分の興味を持つ分野に、網羅的かつ微細に入るまでの、大学教授のような知識を持っている場合もあり、そのようなことから、アスペルガーは「技術者タイプ」が多く、プログラマーやNASA職員などにも多く存在し、ビル・ゲイツもアスペルガー症候群だと言われています。

 アスペルガー症候群の子供に対しては、まず、アスペルガー症候群がどのような病気なのかをよく理解し、困った、不適切な行動、風変わりな行動をとったとしても、そのような行動の多くはアスペルガー症候群特有のハンディキャップのために生じている、と理解してあげましょう。

 また、以下のようなことに注意しましょう。

 ・騒々しい環境が苦手なので、刺激がなく静かな環境を好みます。また、感情的になったり、大声でしかったりすることは逆効果です。

 ・何かにとてもこだわりを持つことがありますが、無理やり変えようと思うのではなく、何かに生かす方向で考えてあげましょう。

 ・アスペルガー症候群の子どもは予測できないことや変化に対して苦痛を感じるので、スケジュールの変更はなるべく避け、不可避な場合は理解できるように説明しましょう。

 ・「社会性」に問題があり「暗黙のルール」を読み取ることが苦手なので、ルールは指示は明確にしてあげましょう。

 曖昧な指示や皮肉、言外の意味の理解は無理だと考えた方がよいでしょう。

 ・否定的な言葉に敏感で、さらに、叱責されるような行動をしてしまうことが多く、元々自信を失いがちです。できるだけ肯定的に接し、褒めるようにしましょう。